トップページ

    このサイトではレガシーの査定相場を知って高く売るためにおすすめの一括査定サイトをランキングで紹介しています。
    「レガシーの査定相場を調べて高く買い取ってくれる買取業者に売却したい」と感じている場合はこのサイトに掲載しているオススメの車買取店を利用してみてください。

    レガシーを高く売るために大切なことは「複数の車買取業者に査定を依頼して、あなたが乗っているレガシーの査定相場を知ること」です。1社の車買取店だけとか近隣のスバルディーラーで下取りをしてもらおうと思っているなら絶対に損をするので考え直してください。

    車買取の一括査定なら入力も数分で終わるくらい隙間時間でできます。複数の車買取業者からの査定額を比較できるので、レガシー(LEGACY)の査定額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場を知る為の一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーと言うくらい有名なので利用するのも安心です。
    提携業者も1000社以上とダントツ№1!最大50社へレガシーの買取査定の依頼をすることが可能。

    中古車の一括査定サービスは利用すると複数の買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話がないのでおすすめです。
    もちろん、全国に対応していて無料。

    「少しでも高く売りたいからレガシーの査定相場を調べたいけど、電話営業が苦手…」と思っているならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが今乗っているレガシーの査定相場が分かりますし、個人情報が流れない為、電話連絡はユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が買取価格を入札していくので、数年落ちのレガシーでも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込みをすると多くの業者から電話で連絡があるのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応に追われることもありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    レガシーの実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    電話も査定も1回きりで約2000社の車買取業者が買取価格を入札していくという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車一括査定サービス。わずか45秒もあれば入力ができますし、入力後すぐに中古車の概算査定相場が表示されるので、「数年落ちのレガシーの査定相場ってネットで分かるの?」ということであれば利用をおすすめします。

    申し込みをした後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、日本自動車流通研究所の審査を通った提携業者だけが登録していますので、しつこい営業を受けることはありません。
    買取業者から電話連絡があった際はすぐに即決することなく、いくつかの会社に査定してもらうことで数年落ちのレガシーでも高額査定の可能性が高くなります。

    最大で10社がレガシーの査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切に乗ってきたレガシーを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒だけ使って必要項目を入力するとネット上で中古車の査定相場が分かる人気の車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10社の業者がレガシーの査定額を出してくれます。

    できるだけ多くの会社に査定の依頼を申し込むことで査定額やサービスの違いを比べることができるので、複数の買取業者に依頼をして長年大事に乗ってきたレガシーを1円でも高く売りましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるようにあの楽天が運営している車一括査定サービス。
    レガシーの査定申し込みをするだけで楽天5ポイント、成約するとさらに楽天1500ポイントを貯めることができるので楽天ユーザーにはおすすめできるサービスです。

    大切に乗ってきたレガシーを高く売って、その上楽天ポイントまでもらえるのは何かラッキーな感じがしますね。
    提携している買取業者は約100社と他の一括査定サイトと比較すると少な目ですが、最大10社がレガシーの査定見積を出してくれます。

    楽天オートの公式サイトにはディーラー下取りと一括査定を使った場合の価格差がいくつか提示されていますので、一度確認してみてはいかがでしょうか。






    車買取コラム

    自分の車を買取業者に査定に出して、提示された金額がどうも腑に落ちないときに、売るのを止めても構わないのです。

    多数の業者に査定してもらい1円でも高く売れるところを確認してから売買契約を行う方がより良い選択ですね。

    反対に、売買契約書を締結した後からのキャンセルはできないか、受け付けられても損害賠償がある場合が多いと思ってください。

    賠償責任の有無などに関しては契約書に詳細を明記する決まりですので、全文をしっかり熟読した上で契約するようにしてくださいね。

    できれば車の査定を申し込むなら夜間や雨が降っている日の方が良いという人もおり、見積額が少々上がるという話を聞いたことがある人も居るかもしれません。

    夕方からは暗くなって視界が悪くなりますし、雨や雪などが降っていればそれが邪魔になって査定する車の汚れやキズなどのマイナス要因が判別しにくくなると言う理由からまことしやかにささやかれているようです。

    そうは言っても、視界が良くない云々で査定額がアップするほど担当者も甘くはないのです。

    それより逆に、本当に見落としてしまったときの場合に備えて、晴れた日中に査定する場合よりも少々査定額を抑えられてしまうこともあるでしょう。

    手持ちの車を買い取りに出すときに、その車の車検がまだ1年1ヶ月以上残った状態ならば、買取店舗によっても幾らか変わるでしょうが、約数万円程度のプラス査定になるでしょう。

    車検が残り1年以下の場合にはいくら残りがあったとしても査定額は変化しません。

    車検を通して直ぐだと査定額がアップするからとはいえ、売却する前に車検を通したとしてもあらかじめ車検をするために掛かった以上の金額が査定価格に上乗せされて得をすることはないので、手間と時間を掛けて事前に車検を通す必要は全くないでしょう。

    海外メーカーの車は国内メーカーのそれと比べ、中古車市場に出す際は値段が落ちやすいと言われています。

    外国製の車は国内での流通量が国内メーカーの小規模なメーカーと比べてもはるかに少ないですし、修理費もかかりやすい上、市場価値の判断がつきにくく、取扱い店舗によって査定額はまちまちです。

    しかし高値がつかないからと諦めるのは早計です。

    少しでも高く売るためには、数多くの買取業者から見積りをとって比較することです。

    一度に多数の中古車屋に一括で見積りを依頼できるサイトがありますが、こうしたサイトを使うとたった一度の入力でたくさんの業者に査定を依頼することができます。

    実車査定を受けるために、中古車屋に車を乗り付けるのではなく、先方からこちらへ出張してもらうことも可能です。

    ほとんどの買取業者は訪問査定には無料で対応してくれます。

    この時に幾つかの業者に一度に来てもらって各社同時に査定ということもできないわけではありません。

    複数の会社でたった一件の契約を取り合うため、高額な査定結果を得やすいという利点があります。

    実車査定に来た業者は決められたシートにのっとって中古車の価値を算定します。

    項目ごとに、標準的であれば0点、上ならプラス何点、下ならマイナス何点と減点したり加点したりで総合的な評価額を出します。

    では、具体的にどのようなところがチェックされるのかというと、確実なのは修理歴と、現状未修理のヘコミやキズ、他に忘れてはならないのは総走行距離数です。

    これまで多くの査定をしてきたプロが査定するので、事故歴や修理の痕を隠そうとしてもずっと隠し通せるものではないでしょう。

    頑張って複数の会社に査定してもらったのにほとんどゼロ円査定のような状態になってしまったときは、思い切って廃車専門の業者に査定してもらってはいかがでしょう。

    どこの査定士からもサジを投げられた車でも、専門業者なら部品単位で値付けするので少なくともタダにはなりません。

    あとは廃車という選択肢もありますが、陸運局や解体屋に行って時間をとられるよりは、業者に依頼してしまったほうが早いです。

    専門業者に委託する最大の利点といえば、引取先に頭を悩ませることがない上、廃車手続きを代行してくれ、しかも無償で車を処分してもらえるという点です。

    何ヶ月くらい残っているかによっても事情は異なりますが、車検は自動車査定の金額に影響を与えます。

    当然ですが車検切れの車よりも残りがある方が高く評価して貰えます。

    でも、車検の残り期間が一年もないようだとさほどプラス査定にはならないのです。

    車検の残りが少ないと査定金額も高くないからといって、売る前に車検をしようとは考えない方が良いでしょう。

    通常、車検を通すためのお金と査定時に上乗せされるお金とでは、車検費用の方が高く付くことがほとんどだからです。

    車を売ろうとする場合には、買取業者に売ることと、自動車ディーラーのところで下取りに出す場合、自ら自動車オークションに出してしまう方法も存在します。

    自動車オークションに自分で出す場合には、売却予定車の写真や状態を説明する文章などをできるだけ他人に分かりやすく書き込むことが厄介なトラブルを招かないようにするうえで必須項目になるでしょう。

    できれば、売却成立前に画像だけでなく実物をじっくり見てもらってから契約をするようにしましょう。

    その他に自分が重要と思ったことに関しては、双方で念書などを作成して、これに署名捺印してもらえば安心して取り引きができるというものです。